建築専門サイト「知っておきたい建築情報」にこの度はご訪問頂きありがとうございます。
たっぷりと最新の建築情報をご案内しています。

一例をあげると「建設系CADオペレーター募集」という求人があった場合は、かなり茫漠範囲を指しているのです。この「建設」は英語で「construction(コンストラクション)」と呼びますもの。

つまり、その仕事の内容がぼくのスキルとあってるかどんなふうにか、よく確認しよう。総合的な建築業者のゼネコンなどの場合は、建築も土木そうして電設などの設備系も守備範囲だから、「○○建設」といいました社名が使われていることがわんさです。

さらに、建設関連の職種は「建設業法」という法律で、かなり細かく分類されます。詳細には、国土交通省の「建設産業戦略的広報推進協議会」のサイト「建設現場へGO!」に情報が掲載されてるのでチェックしてくださいね!その為、「建築」⊃「建設」で、建築は建設に含むということ。

建設会社とか建設業者というコトバも日常よく目にしますね。ちょっと紛らわしいですが……。

「建築業」という業種では建築や土木に関係する設計・施工を行います。建設の中に、電気設備関連の「電設」という分野も入ってくる場合もあるのです。




42-04

知っておきたい建築情報ブログ:2018-11-02

個々の業界に価格相場が存在しているように、建築の業者業界にも程度の料金相場はあるので、常識離れしている安い価格の建築の会社の利用は止めた方が無難です。何か建設が必要で慌てている時は地域の建築工事会社に対処相談をしてしまう方も多いですが、…

42-03

知っておきたい建築情報ブログ:2018-10-31

42-02

知っておきたい建築情報ブログ:2018-10-29

42-01

知っておきたい建築情報ブログ:2018-10-28

42-10

知っておきたい建築情報ブログ:2018-10-27

PAGE TOP