建築専門サイト「知っておきたい建築情報」にこの度はご訪問頂きありがとうございます。
たっぷりと最新の建築情報をご案内しています。

一例をあげると「建設系CADオペレーター募集」という求人があった場合は、かなり茫漠範囲を指しているのです。この「建設」は英語で「construction(コンストラクション)」と呼びますもの。

つまり、その仕事の内容がぼくのスキルとあってるかどんなふうにか、よく確認しよう。総合的な建築業者のゼネコンなどの場合は、建築も土木そうして電設などの設備系も守備範囲だから、「○○建設」といいました社名が使われていることがわんさです。

さらに、建設関連の職種は「建設業法」という法律で、かなり細かく分類されます。詳細には、国土交通省の「建設産業戦略的広報推進協議会」のサイト「建設現場へGO!」に情報が掲載されてるのでチェックしてくださいね!その為、「建築」⊃「建設」で、建築は建設に含むということ。

建設会社とか建設業者というコトバも日常よく目にしますね。ちょっと紛らわしいですが……。

「建築業」という業種では建築や土木に関係する設計・施工を行います。建設の中に、電気設備関連の「電設」という分野も入ってくる場合もあるのです。






- お勧めサイト情報 -

和モダンな家
和モダンな家のコツ
URL:http://www.aqura.co.jp/usersvoice/prejudice/prejudice_8/


42-10

知っておきたい建築情報ブログ:2018-8-14

施工業者によって多少のオリジナリティがあるので、一番最初に必要とする建築をきちんと決定しておき、売買実績を参照して決定すると安心です。いろいろな建築・建設をもし覚えたいと思っている場合には、Webの建築関連情報サイトで兎に角まず最初にマ…

42-09

知っておきたい建築情報ブログ:2018-8-13

42-08

知っておきたい建築情報ブログ:2018-8-09

42-07

知っておきたい建築情報ブログ:2018-8-06

42-06

知っておきたい建築情報ブログ:2018-8-05

PAGE TOP